”f・report (2013)”




 

 


日 時

月18日(長潮)

この日は単独釣行。


土曜に北埼玉で仕事を終わらせて、下道であきれるような大移動。


23時頃、現地に到着2時間程仮眠をとっていざフィールドへ。


まだ夜明け前なので手前ブレイクで回遊待ち。


タイドプールにはイワシは入って無さそうだけど、前回もそうだし、日も選べないし。


ひたすら粘るが鱸は入らなそうな感じ。


潮位が下がったところで手前をちょっとずつ移動しながらランガン。


うーん。いないですな。


薄明かりが差してきたところで一気に前へ。


30分程度、経過。


うーん。いないですな。


本命ポイントは既に人が入ってきたのでそのまま粘る。


しばらくキャストしながらふと気づくと足元で何かが ”ピチャ。ピチャ”。


”なんだろう”と見るとセグロちゃん。


今入ってきたのか、元々いたのか解らないけど、一気にテンションが上がる!


払い出しを数カ所、丹念に探ると、、以前、釣れた場所で、、”ゴンっ!!”


根に潜られないよう魚を浮かせつつキャッチ!


外房の鱸最高!75cm。


他、2本ポンポン。


きたよぉ!セグロちゃん祭り!!



今度はワンド入り口を斜めから流すと、、、、ゴンっ!


はいいけど一気に重いだけ・・・になり??


ゴミ?


思いっきり浮かすと・・・”ヒラメだ!”


人生初めてなのでビックリしましたが。


岩場へズリ上げようとしたら、、フックが伸びて ”ポチャ・・・”


ヒラメちゃんは引き波と一緒に、さようならぁ・・・。


鱸70cm台。ヒラメ60cm台からは46フックで岩場ズリ上げは止めといた方が無難。。


でも66は太すぎるよなぁ・・・。


外房スズキ最高。刺身とアラ汁で家族一同、美味しくイートしました。

場 所 外房 
結 果 3G 他バラシ多数
潮 位 下げ8前後
南より
水質 クリア
タックル
ルアー
ロッド:
バッカニア116M

リール:
カルディアKIX 3500


ライン:
PE 2.0号

リーダー:
ナイロン35lb

ルアー:
アローヘッド140F
(グリーンバックホロ)

日 時

月28日と5月4日

4月28日は’シー研’3人でプチ遠征。


どこにいこうか3人迷いましたが、1人がセミドライのウェットスーツを購入したとの事


なので外房に決定。


夜は湾内テトラでライトに釣行。。のはずがイワシが入って鱸さんも結構入ってるげでした。


マルスズキのちぃっちゃいのが程良くHIT。


バラシまくって1GETで終了。


夜明けは磯場。


反応なし。。


昼間は再び湾内でサビキング。


サンデイのおやじの言うことは正しかったです。。ノーゲットで終了。。


5月4日は単独でリベンジ。


凪でしたがまだ潮位が高いので手前スリットから探る。


夜明けちょい前から入ったのでイワシが入っているかわからないままルアーを投げましたが、


3,4投目でHIT!


50cmくらいのヒラスズキ。家族一同魚好きなので美味しくイートしました。


その後、もう1HITしましたがバラシ。


この場所上げ7〜下げ3くらいは釣れるな。魚入ってれば。


その後、前に出ましたが磯ウエットの釣り気分を満喫したのみで、何もなく終了


明るくなってから確認しましたがイワシは入ってなさげでした。
場 所 外房 
結 果 1Gずつ
潮 位 下げ2くらい
忘れた
水質 クリア
タックル
ルアー
ロッド:
クロスインパクト72M
バッカニア116M

リール:
トーナメント 2500
カルディアKIX 3500


ライン:
PE 1.2号
PE 2.0号

リーダー:
ナイロン25lb
ナイロン35lb

ルアー:
コモモ125F(RHホロ)
グース125F(アキカン)
日 時

月23日

久しぶりに’シー研’3人でウェーディング。


時期的に終盤だし、どうかなぁと思いましたが、


前半苦戦しましたが、


出し方が解ったら面白いように釣れました。


なんだかんだで今日くらいの流れだとコモモのダウンストリーム最強。


max70ちょうど


他の1人もmax70ちょうど。他ほどよく釣れてました。


もう一人は、、、聞かないでやって下さい。。
場 所 home 
結 果 9Gくらい
潮 位 下げ全般
忘れた
水質 淡いささ濁り
タックル
ルアー
ロッド:
クロスインパクト72M

リール:
トーナメント 2500

ライン:
PE 1.2号

リーダー:
ナイロン25lb

ルアー:
コモモ125F(RHホロ)
タイドミノースリム120







 

inserted by FC2 system