2005 秋

夏のブランクを取り戻したかった・・・2005秋。。。 


10月9日 (木更津)


GWからお盆明けまで、釣りに行けず、すっかりなまった釣り堪を取り戻す為、

連続釣行。


でも、それだけでは無く、たまたま一週間時間が空いたってのと、

色々考えるのもあった。(考えたく無かった)




だから、別にこういうサイズでも、それなりに満足。




(でかいに越したこと無いけど。。)





(シャロートプスでシャロートプス (爆。 )



木更津って、今まですぐ近くに住んでいながら、それほど興味の無かった場所。

”近所で十分でしょ。”とか、妙な対抗意識とか、持ってたのかもしれない。

こうやって、一週間、通って感じたのは、”魚のストック量はハンパじゃない”と言う事。


魚釣りって、1箇所だけに絞っちゃうと網膜になりそうなので、色々、通う。

ここも、アウェイの一箇所として時たま来ようと思った。






10月10日 (home)


北東風が何回か吹き始めると、そろそろかなと、気になり出す。

現場に着くなり、風は北西になってしまったが、

相変わらずボラが凄いんだけど、

鱸も居ました。




(TKLM12でのチョンチョン引き)





(グースで強引に気づかせる)


、、、沖合がうねりだしてるので先まで出ずに撤収。




10月10日 (千葉河川)


最近、好調だと噂なので、帰り道に立ち寄り。

ここは干潮前後にウェーダーで下に下りて河口部を攻めるのが好き。

河口部の小干潟は、この河川だけじゃなくて運河とも合流してるので集魚要素は高いと思う。


”流れ”と”シャローのブレイク”がぶつかる所で出た、目測70cm。



(陸地が近いのでズリ上げた)


その後、スティングレイ連荘で気が滅入って終了。




今の所、”秋の釣り”は僕の中で、サイズ狙いでは無いし、

まして、数狙いでも無い。

どちらかと言うと、魚の活性の高さを確認しながら、

来るべき年明け早々への予行練習的意味合いが強い。



フィールド:木更津、home、千葉河川
ヒットタイム:下げ全般
水質:クリア、ささ
風:北西、北東

ロッド:風神Z クロスインパクト72M
リール:04ステラ C3000
ライン:東レ スーパーストロング 10lb
リーダー:ナイロン25lb
ルアー:TKLM120(RHパール)、グース125F(RHホロ)、シャロートプス(RHパール)








  




  

inserted by FC2 system